4代目の新型プリウスは、2015年12月フルモデルチェンジし、
さらなるハイブリッド技術に、「Toyota New Global Architecture」(TNGA)を初採用し、
ハイブリッドシステムの軽量・コンパクト化やボディの高剛性化で、
より高いレベルでの実現を進めております。

新型プリウスは、スタイリングが大胆に変化しました。

また、ハイブリッドシステムもさらに進化し、熱効率を40%以上に高めたエンジン、
トランスアクスル、モーター、電池といった各ユニットを、
よりコンパクトに、そして軽量化し、優れた低燃費 40.8nm/Lを実現しました。

「関連記事」
  ・プレミアムエコカー プリウスPHV