フリーな日記「プリウス」情報

プリウス情報メインです。

プリウス情報

プリウスPHVの買いの決め手

トヨタ プリウスPHV動力性能は、
走り出しはモーター、その上出力が必要なときはジェネレーター、
そして、エンジンがアシストするので、十分なパワーを得られます。

ボディ剛性も高められており、ドライバビリティが大幅に向上しています。

プリウスPHV、買いの決め手としては、
居住性や走行性能はプリウス同様に高いので、燃費性能と PHV の利便性が、
選択のポイントでしょう。

さらに個性的なスタイリングがいいです。

プレミアムエコカー プリウスPHV

 プリウスPHV(プラグインハイブリッド)は、プリウスをベースとして、
プラグイン機能を持たせたモデルです。


この車のいいところは、

プリウスゆずりの走行性能や、操縦性のよさが特徴です。

トヨタの最新技術による安全機能装備類の充実ぶりも、
この車の魅力の一つと言えます。


燃費性能・維持費を含めたトータルコストでは、アクア、ノート、軽自動車類も視野にありますが、
さらに付加価値を求めるならプリウスか、プリウス PHV、という選択になるでしょう。

予算次第ですが、より上質で個性的なモデルをという事なら、
やはりプレミアムエコカー プリウス PHV となるでしょう。


EV 走行距離(充電電力使用時走行距離)も68.2km 、
操縦性としては、モーターやバッテリーだけでなく、

乗員の乗車位置も含めたパッケージとして低重心化になっています。


先代モデルのプリウスに乗っている人は、買換え欲が刺激されますね。
2010年式プリウスの下取り価格はいくら? となりますか。

4代目の新型プリウス

4代目の新型プリウスは、2015年12月フルモデルチェンジし、
さらなるハイブリッド技術に、「Toyota New Global Architecture」(TNGA)を初採用し、
ハイブリッドシステムの軽量・コンパクト化やボディの高剛性化で、
より高いレベルでの実現を進めております。

新型プリウスは、スタイリングが大胆に変化しました。

また、ハイブリッドシステムもさらに進化し、熱効率を40%以上に高めたエンジン、
トランスアクスル、モーター、電池といった各ユニットを、
よりコンパクトに、そして軽量化し、優れた低燃費 40.8nm/Lを実現しました。

「関連記事」
  ・プレミアムエコカー プリウスPHV 

プリウス PHV 一部改良

2015年6月、上質感を高めながら、プリウス PHVは、値下げもしております。

G グレードについては、シート表皮を合成皮革に変更、
 ヘッドランプはLED化を標準装備、上質感と先進性を高めています。

グレードは S と G に集約、S は約 14万円、G も 8万円 値下げしています。

 ・エンジン 1.8リッター ハイブリッド、 トランスミッション、電気式無段変速。
 ・価格    294.5314~321.429万円。

  • ライブドアブログ